親が他界したときに残ったのはあいにく土地のみでした。土地。それも地方の。そして無駄に広い土地です。しかし姉弟でどうするのかと深く悩んでいる暇はありません。土地ですから管理も必要で、そしてついでにいうならまだ母親がのこっています。

とった策はこうでした。全面、とにかく母ちゃんのもの!ただし姉弟と共有!

親子名義にするものの中身は先に分筆しておくわけです。お知り合いに税理士法人でならば大阪のウインドローズを紹介してもらいあとは丸投げです。何とかしてくれあの土地を。先生たちがあとはよしなにしてくれました。

問題の、無駄に広い土地。見えない境界線が確実に引かれている間は、では上に乗っかっている母親は何かあるかというといつも通りです。変わらず暮らし、変わらず税金を支払い、変わらず散歩をしています。姉弟はどうしているか。こちらも特に変わらずのまんまです。とりあえず母親が生きている間は何の負担も発生は致しません。いよいよ何かあってももうしっかり切れていますから「すぐさま勝手にしてよし!」とお互いで取り決めできてしまいました。

そういえば父親はなけなしの現金については非常に微妙な形の、今にしてみれば贈与だったのかあれは、という手渡し方をしていました。喧嘩するんじゃないぞオマエたちと言わんばかりに両方にお金ではなくちょっとした物として渡され続けていたのです。ブランド物の時計、微妙なお皿などですが、あれはいよいよとなったら質にでも入れろよという事だったんだろうなあ。

何しろこの「先に分けてしまえ!」は土地に対しても有効でした。