親が亡くなると基本的に子どもが相続することになりますが、その際、相続手続きなら大阪では親の遺産を確定させなければなりません。人によって所有している財産は違いますが、その中でも不動産を持っている人が多いです。なぜなら、生活するためには居住用の不動産が必要になるからです。そのようなことから、親の遺産を明らかにする作業をする際、不動産があるか否かの確認は必須だと言えるでしょう。

親の相続財産に不動産があるか否かの確認は、どのような行えばよいのでしょうか。まず、親の遺産の中に権利証と登記簿謄本があるか否かを確認します。権利証があれば、所有している物件の特定をすることができます。その後、権利証に載っていた地番や家屋番号を特定して登記簿謄本を取得すれば、その不動産が親の名義か否かを確認することが可能です。

また、固定資産税納税通知書で確認することも可能です。不動産の所有者は毎年固定資産税を支払わなければなりません。役所から毎年固定資産税納税通知書が届くのですが、そこに所有者の住所氏名と不動産の詳細が記載されているので、そこで確認することができます。