親からの遺産相続のときに全ての相続人が納得することは大変です。大阪の税理士法人なら他の被相続人よりも自分の遺産の額が少ないのではないかと思ってしまう人がいるとトラブルになりかねません。私が遺産を相続したときは親が誰にどれくらいの遺産を残すのかという遺書を生前に残していたので大きなトラブルがなくて良かったです。誰がどれくらいの額を相続したのかはっきりしていることで、自分だけ多くもらっているのではないかと他の相続人から疑われなくてすみます。私は知人が相続で揉めている姿を見たことがあったので親族間でもめることが非常に嫌でした。親族間で相続額について疑いを持ってしまうと顔を合わせるのがしんどくなってしまいます。私の場合、親がきちんと相続トラブルにならないように配慮してくれたので面倒なことが起きずにずっと良い関係が続いています。もし遺産問題が起きるのが嫌な人は、親に分かりやすい内容の遺書を作ってくれるように生前に頼んでおくといいです。